スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理診断が来た

七月下旬。放射線・テモダールによる治療を始めて10日ほど立ったころ、病理の結果が来た。

手術から一か月半かかった病理。
判断が難しく3か所の大学病院を渡り歩いた我が腫瘍、その結果は如何に・・・。

ようやく来たか・・結果を待っていたが知るのもすこし怖い。

いつもの個室に行くとB先生は微妙な表情をされていた。

診断の結果は「脳の形質細胞腫」との事・・・なんだそれ?それまで聞いたこともない名前だった。

形質細胞は白血球の一種であるリンパ球から分化した細胞で、代表的な病気は「多発性骨髄腫」というものです。
これは骨髄・血液の中で形質細胞が異常に増殖して全身の骨を蝕んでいくという結構恐ろしい病気。。

ただ自分の場合、血液検査に問題がないので多発性骨髄腫の可能性は低いとの事。

形質細胞腫は単独でも起こりうる病気なので、脳に単独で発生したものであろうとのお話。


自分の病気は血液の病気(がん)と説明をされました。


あまりにも予想外の展開でした。先生もこの症例は見たことが無いとの事。。
今後、血液内科で検査をするが治療方法、場合によっては病棟も変わるかも。そんな話をされる。


結局、話された内容が自分にとって良かったのか、それとも悪い内容なのかその時点ではよく分かりませんでした。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。