スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出掛ける2

K夫妻を訪れその後、千葉のM夫妻の元へ。
Mさんは自分にとって友人・そして兄のような存在。

千葉で有機農業を営んでいるMさん。畑を見学して手伝ったり(三分ほど・・)採れた野菜で奥様の美味しい料理を頂いたり、数日間ゆったりとした時を過ごすことが出来ました。

病気について思っていることを色々と話した。

話しの中で、Mさんの言葉「今は周囲の人に甘えまくっていいんじゃないかな?」

病気を患ってから、自分はその苦しみや悲しみを周囲の人にさらけ出す事はあまりなかった気がする。置かれた状況を理解し伝えることはあっても自らが感じる辛い気持ちを表には出さず泣き言も吐かない。
そんな自分を分かっての言葉だったと思う。もっと甘えればいいのかも・・。

ただ、投げやりって訳ではないが病気に対して淡々とした部分もあった。
発症・手術・再発、その告知を受けた時こそショックを受け落ち込んだものの、その後に思うのは、なってしまった物はしょうがない、先生の話に納得したらあとは示された治療をこなして行く。

闘病という言葉も自分にはしっくりこない。元々は自分の中から出来た異物。気持ちとしては、君は自分には不要だからどこか行ってね、そんな感じでしょうか。。(結局一緒か・・)
突然発生し無秩序に増殖を続けるガン細胞、宿主を苦しめ強力な物は死に至らせ自らも滅びる。ガン細胞、君はいったい何者だ??

気持ちにゆとりがあったのは常に出来得る治療を示されていたからかも。出来ることは全てやり尽くしました、でも治りません。そんな時が訪れでも自分は冷静でいられるだろうか。。



M夫妻、息子のJUNくん(よく懐いてくれた)のもとでまったり過ごし帰宅。

病院に来てくれた際、奥さんから小説・漫画を差し入れとして頂いたが、その漫画がかなり面白かった。

聖☆おにいさん ブッタとイエスが東京・立川でルームシェア。笑えます
(病室で一人笑う怪しげな患者Y)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。