スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の願い

葬儀を終え1週間ぶりの自宅

彼のケータイに残っていた
(これは葬儀用か?)
と思われる文章を見つけていたので

そのまま葬儀の喪主挨拶で
引用しました。




・・・・・・・・・・・・・・

2012.2.28

昨年、病気を乗り越えもう大丈夫だろうと思っていた自分は、5ヶ月での再発、そして急速に成長する腫瘍にとても驚きました。

症状は日々進行していき、自分の脳が病気におかされて行くのを感じています。

治療の効果に期待をしているけど、置かれた状況は非常に厳しく、自分が自分でいれる時間は残りわずかかもしれません。
これといった野望を抱えて生きてきたわけでは無いけど、日々の何気ない生活に幸せを感じていた自分にとって、病気により日常を奪われた事はとても残念で、悲しいです。
平均寿命くらいは生きたかったなぁ。

五体満足、普通のありがたさ。
なかなか普段感じるのは難しい事だと思います。
まぁ、自分は普段から感じてたんだけどね。
ハードル低いなぁ俺。。

皆さんに何かを伝える、そんな大した言葉は残せないし、偉そうな事を言うつもりは無いけど
「一日一日を、日々の生活を大切に過ごして下さい」

自分は肉体を失い居なくなってしまいますが、いつも皆さんを見守っています。

良ければたまぁに思い出して下さいね。
自分は皆さんの中でも生き続ける事ができます。

皆さんの健康・幸せを願っています。
ありがとうございました。
心から、ありがとうございました。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【彼の願い】

葬儀を終え1週間ぶりの自宅彼のケータイに残っていた(これは葬儀用か?)と思われる文章を見つけていたので

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この言葉を綴ろうという心境にいきつくまで、リリーさんはどれだけ
辛く苦しい時間を過ごされたでしょう。

まだ30代の若さで・・・
まだまだ先に野心ではなくても、多くの希望を持っていたでしょう。
私には想像も及ばないことだと思います。

けれど先日の記事の皆さんのコメントを読ませて頂いて、
リリーさんがどれだけ毎日を、周囲の人を大切に生きてきた方だかわかる気がします。

私も短い間でしたがこのブログを通してリリーさんを知ることが出来た人間の1人として、リリーさんの言葉を心に刻んでいきたいと思います。

リリーさんのご冥福を心よりお祈り申し上げております。
奥様、本当にお疲れさまでした。

mさん
私のコメントを気にかけてくださっていてありがとうございます。
いろいろ悩んで削除してしまいました。
でもmさんにメッセージいただけて嬉しかったです。

mさんとご主人が1日でも長く一緒に、楽しい時間を過ごせますよう、願っております。

No title

おつかれさまでした。
ゆっくりお別れできたとは言え、ぽっかり穴があいた感じです。
彼の願いを胸に明日からまた畑仕事がんばります。
ありがとう。

りりーさんへ

なぜ、りりーさんのブログに惹かれたのか、最近わかった気がしています。
りりーさんの人柄がブログを通しても伝わって来ていたんですね。
できる事なら、まだまだ一緒に戦いたかった…
でも、りリーさんは決して負けたわけではないですよね。
本当に素敵です。カッコよすぎです。
私の主人はMRIの画像を見るとフラフラしてしまい、
今では私だけでMRIの結果を主治医から聞いています。カッコ悪すぎデス(苦笑)
そんな、情けない主人だけど、りりーさんの分まで戦いますからね。
だから、りりーさんはゆっくり休んで下さいね。
たまには、奥様の夢の中で愛をささやいてはどうでしょうか?
そんなのは余計なお世話ですね。
本当に本当にありがとう。

ふみさんへ。
主人のこと、気にかけていただきありがとう。
昨年11月にMRIの画像で再発らしき影は確認されているものの、
その後、自家ガンワクチンと両分子フコイダンを試し、
進行は抑えられている状態です。
そんなに甘くない病気だとわかってはいるものの、
やはり、治って欲しいと希望を持って戦っています。
主人が調子がいいと、ついつい忘れてしまうバカな私ですが、
りりーさんの言葉を胸に刻んで一日一日を大切にしたいと思います。
ふみさんも子育てなど、日々、忙しいと思いますが、
子供はあっと言う間に大きくなってしまうので、
今を楽しんで下さいね。
またまた、この場を借りてしまいごめんなさい。


謹んでお悔やみ申し上げます

私は大震災の3ヶ月前に脳腫瘍告知され、
震災1ヶ月前に開頭摘出手術を受けました。
幸い回復しました(再発はわからない)が、
今でも告知されたときの絶望感は忘れられません。
リリーさんは私よりずっとお若いのに、
言葉が見付かりません。

No title

最後に会いたかったです。
さみしくて、仕方ないです。

私はバイト仲間のつながりで、一緒に働いたことはないけど、仲間みんなで遊んだり飲んだりしていました。もう10年も前のことですね。

結婚したことを先輩から聞いて、離れていながらも、「元気でやっているんだなぁ」って安心していたんですが、1ヶ月前にこのブログを知り、突然のショックな現実に夜も眠れなかったことを思い出します。

「日々の生活を大切に。」
いつもくだらないギャグをいったり、クックックって笑ったりしている印象の彼が、いつになくまじめなメッセージ。

改めて、生かしてもらっているって気持ちを忘れないで、生きていこうと思います。
最後に見たのは結婚式の写真の彼。あのままずっと私の中で生きててください。たくさんの思い出、ありがとうございました。

No title

最初のころより、ずっと読ませていただいていました。

淡々と綴られている状況の合間に見られる、病に対する思いや、互いを思うお気持ちがストレートに心に突き刺さりました。
お二人とは面識はありませんが、リリーさんの経緯をずっと見てきて、また自分が脳腫瘍持ちでもあるので、
とても他人事には思えず、陰ながら応援させていただいていました。
奥様に代わられてからは毎日祈る思いで更新を待っていました。
本当は更新どころではなかったとは思いますが、ありがとうございました。

リリーさんはいなくなってしまったけど、
このブログを始め、残してくださったことや言葉はたくさんありますよね。
それらとともに、これからの日々を積み重ねていってください。

リリーさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

No title

りりーくん、ぼんちゃん大好き。
離れていても友達だよ。

No title

まずはご冥福をお祈りいたします

このブログを発見したのは娘が同じ脳腫瘍を発症してからです。

それからしばらくしてリリーさんのブログを発見しました。
ほぼ毎日、チェックしていました。

コメントを残すと、必ず心あるコメントを返してくれたリリーさん!!
また人を引き付ける人柄はお会いしてなくても十分伝わってきます!!

本当に残念で残念でなりません。

こんな人はなかなかいません!!!

奥様も大変でしたね!!、素晴らしい旦那様だと思います。

なかなか言葉が見つからず、なんと言ってわかりませんが奥様も一緒に戦っていたと思いますのでご自分の体をご自愛下さいね。

娘は現在、元気で過ごしております。

リリーさんが綴ったブログのように前向きに前進していきたいと思います。

僕が天国に行ってもリリーさんのブログを探したいと思います。

心からご冥福をお祈りいたします


No title

素敵なご夫婦ですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

リリー

Author:リリー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。