スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月12日午後9時
主人は永眠いたしました。

その間のこと
書き残しておきたいことがたくさんあります。

それは改めて書かせて下さい。



本当に最後までかっこいい主人でした。

最後の方は
しゃべることができなかったけど
伝えたかったことは
みんなの心に届いてるよ

だから安心して!
あの優しい笑顔でみんなを見守ってね


そして私をあなたの嫁に選んでくれて本当にありがとう。
姿かたちはなくなってしまいますが
それだけのこと。
夫婦であることには何ら変わりはありません。

これからもずっと気持ちは繋がってる!
そう私は思ってるから
これからも宜しくね!





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【糸】

9月12日午後9時主人は永眠いたしました。その間のこと書き残しておきたいことがたくさんあります。それは

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

本当に本当に大変な中、更新をありがとう。
私が悔しがっても仕方ないのだけど…
やっぱり悔しいです。
でも、りりーさんは最後まで前向きだったし、素敵だったのだと思いました。
私も主人が脳腫瘍という病気になっても、主人の妻になれたことを一度も後悔はしたことはありません。
何度も何度も泣いたけど…
私ができる事はりりーさんと奥様の分まで主人の脳腫瘍と戦います。
これからもたくさんたくさん泣くかもしれないけど、絶対に諦めません。
どうか、奥様もお体に気をつけてください。
そして、幸せになってください。
それが、リリーさんの一番の願いだと思います。
心からご冥福をお祈り申しあけます。

ふみさんへ。
はじめまして。
ふみさんのコメント、いつも参考にしています。
主人と同じ病気のお母様を近くて看られておられたんですよね。
小さいお子様がいるのに、お母様の看病もなされて…尊敬します。
お母様は少しの時間でもふみさんが会いに来てくれて幸せだったと思います。
私にも娘がいますが、娘に子供ができて、私が病気になったら娘の子供を優先して欲しいですよ。
だから、ご自分を責めないで下さいね。
なんだか、余計なことをごめんなさい。
ずっと気になっていたので…
りりーさんも奥様もこの場を借りてしまってごめんなさい。

寂しいです

リリーさん。
はやすぎるよ。

寂しいです。

ありがとう

由利くん、奥様へ

由利くんとは二十歳そこそこの青春時代の
一部を過ごした仲間です。当時からお酒が大好きで…
よく一緒にハメ外しました(苦笑)
実は今日初めてブログ拝見しました。
由利くんの、当時から変わらぬ淡々とした感じ、
でもじつはポッとアツい所もあってとてもかわいい
弟分って勝手に思ってたんですよ。
結婚式の時の奥様との幸せそうな笑顔、忘れられないなぁ。

由利くんが天国から見てると思ったらそうそう悪い事できないな(苦笑)
こらこら真面目に生きなさいって怒られそうです。

由利くんにとってはほんの一部だったでしょうが、若かりし楽しい時間を
共有できた仲間として、誇りに思います。
由利くん、ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

奥様へ

今ブログで拝見いたしました。
大変残念でなりません

18歳のころからの友人です
バイト終わりに毎日酒を飲み毎日が楽しい思い出でいっぱいです
由利くんがいなければ今の嫁とも会っていないです
そんな若いころ一緒に共にした仲間が先に旅立ったと思うと
悔しい想いとよく頑張ったとの思いが入り乱れます

埼玉に遊びに来てくれた時も、もうひと頑張りしようと
私たちの所へ遊びに来てくれたと感じてました
最後に遊んだのが好きだったサッカー観戦とは良い思い出です

そして最後にこのコメントが来ないことを祈っておりました
ご冥福をお祈りいたします                 工藤 正樹

No title

由利くん、奥さまへ

心も体も、一番辛いこの時に、このブログを更新してくださったこと、本当に感謝しています。
いつもいつもブログから由利くんと奥さまの愛が溢れていることを感じていました。

私が主人と出会えたのも、由利くんのおかげ。
私が本当に信頼できる男友達も、間違いなく由利くんだけ。
かっこよくて、優しくて、おもしろくて、熱い想いも持ってて、でも時々抜けてる(笑)
そんな由利くんは本当に自慢の大切な大切な友人です。
私の両親まで、(主人より)由利くん大絶賛ですから(笑)

そんな由利くんが結婚する時
あんなに幸せそうなお二人の笑顔が見れて
私も主人も自分のことのように嬉しかったんですよ。

あれから今まで由利くんは、奥さまの愛に包まれて、本当に幸せ者だと思います。

お二人に心からの感謝をこめて、ご冥福をお祈りいたします…

                                   工藤 晴香

由利君、奥様へ

由利君とは20代前半の頃何回か飲んだことがある者です。
由利君は私の先輩の友達で、先輩が誘ってくれた飲み会に由利君がいて何回かご一緒させていただきました。
由利君の体ことは少し前から知っていて、ブログも拝見させてもらっていました。
ただ、正直なんとコメントしたらいいのかわからなくて今までコメントを控えていたんですが…
こんなにも早くいなくなってしまうなんて悔やまれてなりません。
奥様も大変な中ブログを更新してくれてありがとうございました。
私は岩手にはいないので、ブログを読むしかなくて…
最後に由利君の顔も見たかったのですが、行けそうになくて、とても残念です。
飲みに行った時に撮った写真には笑顔の由利君が写っています。

由利君、ちょっとの時間だったけど、楽しい時間をありがとうございました。カラオケすごいうまかったです!

奥様もどうか体には気をつけて下さい。

心からご冥福をお祈りします

No title

家も主人昨年3月脳腫瘍で亡くしました。家の主人と違う種類のですので大丈夫かな?なんて勝手に思って応援してただけに、残念です。ほんとに憎い病気です。奥様どうぞお身体に気をつけ生きていって下さい。気の利いた言葉が見つからずすみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りりーさんへ

あなたのブログに出会った時、あなたは小生の拙いコメントに貴重なお言葉を綴ってくださいました。あなたは病気を発症されてからの経過を綴ってみえました。ご自分のご病気を綴ることは大変なことです。この病がどういうものなのか、具体的に綴られました。そしてご本人の想いというものを、「脳腫瘍を生きる」ということを!本当に有難うございます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。リーリーさんの奥様へ、貴女の想いはきっときっとりりーさんに届いていることと思います。ご主人と共に病に向き合われた貴女を先ずは労ってください。
プロフィール

リリー

Author:リリー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。