スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17日朝

出社前に病院に顔を出し

1時間もせずに呼び出し。

瞳孔が開いたり意識レベルが良くなく

観察室へ移りました。



頭のMRIの結果

脳脊髄液が脳を圧迫していて意識障害が起きているそうです。

昨年9月の手術で脳内に残していたオンマヤチューブを使って脳脊髄液を抜くことに。

脳脊髄液を抜くことでここ数日改善が見られない場合は打つ手なしとのこと。

問いかけに応じず急な呼び出しで家族も動揺を隠せず。


夕方再度面会に行った時、

ぱちっと目を開けてその後は朦朧としていたけど

“帰るよ”に反応があり少し落ち着いて帰ってきました。



今朝18日

7時に病院から呼び出し。

1時間後に先生から話しがあるとのことで急いで支度をして向かう。

安定していたように思っていたが

昨晩は不安定な状況だったようです。


昨日は不運にも直接主治医の話を聞くことができなかったが

久しぶりに見る彼の頭の画像は

大きな湖のように広がる黒いもの髄液と

数えきれない程の腫瘍。

脳幹近くの腫瘍を手術でとの話があったが

ハイリスクで今の状況では体力的に厳しい

ICE療法は効いてないし副作用が強いためこちらも体力的に厳しい

唯一彼に効く放射線を主要な部分にかけるというのも意識レベルの

改善がみられる可能性があるが他の腫瘍の数が多すぎる。

放射線の量も限界近いと言われていたのでここで使用するということは

助かるための治療ではなく延命のための処置でしかない。

延命の論議は彼ともしていたが

今の状況を果たして彼はどう判断するのだろう。




一度会社へ向かうが夕方再び呼び出し。

先生が今すぐ来てくださいとのことです

とだけ言う看護師さん。

内容は頑なに言ってもらえない様子。


病院へ急いで向かうと義父母はまだ到着前

彼と私

家族の前ではあまり涙を見せないようにしてきたが

この時少し涙してしまった。


血相を変えて飛んできた義父母たちは

朝の呼び出しから

決められてる面会時間の合間を病院で過ごし

やっと帰路についた矢先の呼び出しだったので気の毒でした。



オンマヤチューブは元々

抗がん剤を直接髄液に注入するためのものだったが

彼には合わず1度きりで使われていなかったものでした。

そのチューブでは細すぎて髄液がうまく排出できないため

今から緊急手術をして頭に穴を開けて管を通すことに。

1時間強で手術を終える。

本来であれば汗などの衛生面の問題で額の辺りから管を通すそうだが

彼の場合

前頭葉にも腫瘍が広がっていて腫瘍に傷をつけると出血してしまうため無理。

後頭部から管を通してもらいました。

髄液を抜きすぎても

腫瘍からの圧力で脳ヘルニア?になる可能性があるそうです。




・・・・・・・・・・・・・


モルヒネは量が減ってはきていたが

意識混濁の状況ではモルヒネ効果なのか

なんなのかかわらなくなるため観察室に移った時に中止。



腰の腫瘍は

前回半分の大きさになりほっとしていたが

一昨日のMRIで近い部分にひとつ見つかった。




・・・・・・・・・・・・・


“唇がカサカサ”

気にしてくれた担当看護師さんが

彼にリップクリームを塗っていいよと言ってくれた。

普段使わない人だったけど

私のリップクリームを塗った。

反応はなかったけど

久しぶりに彼に何かができた。

真っ白な唇。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なぜ、りりーさんなんでしょう…
再度、ブログを読み返しましたが、前向きで、明るいりりーさん。
何も悪いことなんてしていないのに、どうして こんなに苦しまなければならないんでしょう…

なにも出来なくてごめんなさい。

でも、応援しています。


No title

あまりに症状が急激に悪くなってしまったようで驚いています。

できていたことがひとつひとつ出来なくなって行くけれど
それを認知することも出来なくなっていって
家族にとってそれが救いのように感じたり、けれど絶望感は否めなくて。

治療法もどんどん消去法で消されていって・・・医学の限界を感じますね・・・
リリーさんに奇跡が起こってくれることを願わずに入られません。

お仕事をされながら精神的に本当におつらい状況かと思います。
とにかくご自身の健康まで害さないよう、食事や休養は意識的にとられてくださいね。



奥さん、

今この時だからこそ、自分で自分を抱きしめて
 「しっかり!くじけちゃだめ」 と、励ましてあげてください。


治療代も大変でしょう。
仕事休めないでしょう。
家事もしんどいでしょう。
通院・介護も大変でしょう。

身体も精神も疲れ果てれば、先の事はもっとどんどん不安になります。
気持ちが後ろ向きになれば、身体はもっと疲れていきます。

ご自愛ください。
そして旦那様と一緒にまた旅行にいけますように。



†まったく関係ない調べものから辿り着いた通りすがりの者より

Re: No title

自分の命に代えても…
何度も思います。
何故mさんのご主人様なのか
何故彼なのか
なんで?

永遠の疑問です。

Re: No title

意識はあまりはっきりとしませんが、
腫瘍の位置的に理解力はあるように思います。
自分の名前や生年月日など言えているようです。
きっと今の状況をまだわかってます。
それがまたちょっと見てて辛かったりもします。

私は大丈夫です。
優しいお言葉ありがとうございます。

Re: 奥さん、

温かくもパワーのあるコメントありがとうございます。
拝見させていただいた時
ドストライクなコメントだったので
目頭が熱くなりました。

泣いたり当り散らしたりできたら
少しは楽なんだろうとも思います。

様々な問題があり
悲しみに暮れていられないのが現実
泣いてもいられません。

確かに身体はしんどい
生き続けなくてはいけない自分

彼を愛する気持ちとは別な部分で
様々な問題を対処しなくてはいけない。
冷静なのか無感なのかそんな自分があって
バランスを保ってると思います。

逆に危険なのかな?

でも食事は摂れてます。
疲れ果て眠る。
そして朝がくる。

でも温かいコメントや言葉に支えられているのも
また事実。

たまたま覗いていただいたとのことですが
本当にありがとうございます。

プロフィール

リリー

Author:リリー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。